2級ボイラー技士試験 平成21年後期問題8 ボイラーの構造に関する知識

送気系統装置に用いられる主蒸気弁について、誤っているものは次のうちどれか。


1.主蒸気弁は、送気の開始又は停止を行うため、ボイラーの蒸気取出し口又は過熱器の蒸気出口に取り付けられる。

2.主蒸気弁には、アングル弁、玉形弁及び仕切弁などの種類がある。

3.玉形弁は、蒸気の入口と出口は一直線上にあるが、蒸気の流れが弁内でS字形になるため抵抗が大きい。

4.仕切弁は、蒸気の入口と出口が直角になったもので、全開時の抵抗が大きい。

5.2基以上のボイラーが蒸気出口で同一管系に連絡している場合には、主蒸気弁の後に蒸気逆止め弁を設ける。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。