2級ボイラー技士試験 平成21年後期問題19 ボイラーの取扱いに関する知識

設置しているボイラーの異常の有無を調べる水圧試験の方法について、誤っているものは次のうちどれか。


1.空気抜き用止め弁を開いたまま水を張り、オーバーフローを認めてから空気抜き用止め弁を閉止する。

2.水圧試験に用いる水の温度は室温を標準とする。

3.ばね安全弁は、管台のフランジにしゃ断板を当てて密閉する。

4.水圧試験圧力は、最高使用圧力の1.5倍の圧力により行う。

5.水圧試験圧力に達した後、約30分間保持し、圧力の降下の有無を確かめる。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。