2級ボイラー技士試験 平成21年後期問題25 燃料及び燃焼に関する知識

重油燃焼によるエコノマイザ又は空気予熱器の低温腐食の抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。


1.給水温度を上げて、エコノマイザの伝熱面の温度を高く保つ。

2.蒸気式空気予熱器を併用して、ガス式空気予熱器の伝熱面の温度が低くなり過ぎないようにする。

3.硫黄分の少ない重油を選択する。

4.燃焼ガス中の酸素濃度を下げる。

5.重油に添加剤を使用し、燃焼ガスの露点を上げる。

答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。