2級ボイラー技士試験 平成21年後期問題36 関係法令

鋼製ボイラーの給水装置等に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。


1.蒸気ボイラーには、最大蒸発量以上を給水することができる給水装置を備えなければならない。

2.近接した2以上の蒸気ボイラーを結合して使用する場合には、結合して使用する蒸気ボイラーを1の蒸気ボイラーとみなして、給水装置を設置することができる。

3.自動給水調整装置は、2基の蒸気ボイラーに共通のものとすることができる。

4.貫流ボイラーの給水装置の給水管には、逆止め弁を省略して、給水弁のみとすることができる。

5.給水内管は、取外しができる構造のものでなければならない。

答えは3です


posted by 北京 at 22:17 | 平成21年後期 関係法令 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。