2級ボイラー技士試験 平成21年前期問題4 ボイラーの構造に関する知識

鋳鉄製ボイラーの特徴として、誤っているものは次のうちどれか。


1.セクションの増減によって能力を大きくしたり、小さくしたりすることができる。

2.鋳鉄製であるため強度が弱く、高圧及び大容量には適さない。

3.鋳鉄製であるため加圧燃焼方式は採用できない。

4.鋼製ボイラーに比べ腐食に強い。

5.伝熱面積を増加させるために、ウエットボトム形のものが作られている。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。