2級ボイラー技士試験 平成21年前期問題8 ボイラーの構造に関する知識

給水系統装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.給水内管は、一般に長い鋼管に多数の小さな穴を設けたものが用いられ、安全低水面よりやや下方に取り付ける。

2.給水弁にはアングル弁又は玉形弁が、給水逆止め弁にはスイング式又はリフト式の弁が用いられる。

3.給水弁と給水逆止め弁をボイラーに取り付ける場合には、給水弁をボイラーに近い側に取り付ける。

4.インゼクタは、蒸気の噴射力を利用して給水するもので、給水ポンプの予備給水用として使用される。

5.渦巻ポンプは、円周流ポンプとも呼ばれ、小さい駆動動力で高い揚程が得られるので、高圧のボイラーに使用される。


答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。