2級ボイラー技士試験 平成21年前期問題10 ボイラーの構造に関する知識

燃焼安全装置の火炎検出器に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.硫化カドミウムセルは、イオン化現象を利用したもので、ガス燃焼炎の検出に適している。

2.硫化鉛セルは、硫化鉛の抵抗が火炎のフリッカによって変化する電気的特性を利用したもので、主に蒸気噴霧式バーナなどに用いられる。

3.整流式光電管は、光電子放出現象を利用したもので、油燃焼炎の検出に適している。

4.紫外線光電管は、光電子放出現象を利用したもので、感度が良く、安定していて、炉壁の放射による誤作動もなく、すべての燃料の燃焼炎の検出に用いられる。

5.フレームロッドは、火炎の導電作用を利用したもので、主にガス燃焼炎の検出に使用され、点火用のガスバーナに多く用いられる。

答えは1です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。