2級ボイラー技士試験 平成21年前期問題12 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーの間欠吹出し作業に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.吹出しは、少なくとも1日に1回以上行う。

2.スケール及びスラッジが多量に生成するおそれがある場合は、運転中もときどき吹出しを行う。

3.吹出し弁を操作する者が水面計の水位を直接見ることができない場合は、水面計の監視者と共同で合図しながら吹出しを行う。

4.締切り装置が直列に2個設けられている場合の吹出しは、第1吹出し弁の急開弁を全開し、次に第2吹出し弁の漸開弁を徐々に開く。

5.鋳鉄製ボイラーの吹出しは、燃焼が軽く負荷が低いときに行う。


答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。