2級ボイラー技士試験 平成21年前期問題26 燃料及び燃焼に関する知識

油だきボイラーにおける重油の加熱に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.粘度の高い重油は、噴霧に適当な粘度に下げるため加熱を行う。

2.C重油の加熱温度は80〜105℃、B重油の加熱温度は50〜60℃が一般的である。

3.加熱温度が高すぎると、いきづき燃焼となる。

4.加熱温度が高すぎると、炭化物生成の原因となる。

5.加熱温度が低すぎると、バーナ管内でベーパロックを起こす。


答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。