2級ボイラー技士試験 平成21年前期問題27 燃料及び燃焼に関する知識

流動層燃焼方式の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。


1.低質な燃料でも使用できる。

2.層内に石灰石を送入することにより、炉内脱硫ができる。

3.高温燃焼のため、ばいじん排出量が少ない。

4.層内での伝熱性能が良いので、ボイラーの伝熱面積を小さくすることができる。

5.微粉炭だきに比べ、石炭粒径が大きく、粉砕動力が軽減される。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。