2級ボイラー技士試験 平成20年後期問題2 ボイラーの構造に関する知識

水管ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.水管ボイラーは、ボイラー水の流動方式によって自然循環式、強制循環式及び貫流式の三つに分類される。

2.自然循環式水管ボイラーは、高圧になるほど蒸気と水との密度差が大きくなるためボイラー水の循環力が強くなる。

3.水管ボイラーは、同一容量の丸ボイラーに比べ、一般に負荷変動によって圧力及び水位が変動しやすい。

4.水管ボイラーは、構造上、低圧小容量から高圧大容量までの用途に適する。

5.高圧大容量ボイラーには、炉壁全面を水冷壁とし接触伝熱面が少ない放射形ボイラーが多く用いられる。

答えは2です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。