2級ボイラー技士試験 平成20年後期問題3 ボイラーの構造に関する知識

ボイラー各部の構造と強さに関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.胴板には、内部の圧力によって周方向の引張応力及び軸方向の引張応力が発生する。

2.胴板の周継手に求められる強さは、長手継手の強さの2倍必要である。

3.だ円形のマンホールの穴をボイラー胴に設ける場合には、短径部を胴の軸方向に配する。

4.炉筒は、燃焼ガスによって加熱されると、鏡板で拘束されているため炉筒板内部に圧縮応力が生じる。

5.ガセットステーの鏡板との取付部の下端と炉筒との間には、ブリージングスペースを設ける。

答えは2です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。