2級ボイラー技士試験 平成20年後期問題5 ボイラーの構造に関する知識

ボイラーの鏡板及び管板に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.半だ円体形鏡板は、同一材料、同一寸法の場合、皿形鏡板より強度が大きい。

2.皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部から成っている。

3.皿形鏡板の球面殻部は、すみの丸みをなす部分である。

4.平鏡板には、内部の圧力によって曲げ応力が生じる。

5.管板には、管のころ広げに要する厚さを確保するため、一般に平管板が用いられる。


答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。