2級ボイラー技士試験 平成20年後期問題10 ボイラーの構造に関する知識

ボイラーの自動制御に使用されるフィードバック制御に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.オンオフ動作には、動作すき間の設定が必要である。

2.比例動作は、偏差の大きさに比例して操作量を増減するように動作するもので、P動作ともいう。

3.ハイ・ロー・オフ動作は、オフセットが現れた場合に、オフセットがなくなるように働く動作である。

4.積分動作は、制御偏差量に比例した速度で操作量を増減するように動作するもので、I動作ともいう。

5.微分動作は、偏差が変化する速度に比例して操作量を増減するように働く動作で、D動作ともいう。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。