2級ボイラー技士試験 平成20年後期問題22 燃料及び燃焼に関する知識

石炭に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.石炭の固定炭素は、主成分をなすものであり、炭化度の進んだものほど多い。

2.石炭の水分は、吸着水分ともいわれ、褐炭で5〜15%、歴青炭で1〜5%である。

3.石炭の揮発分は、炭化度の進んだものほど少ない。

4.石炭の燃料比は、炭化度の進んだものほど小さい。

5.石炭の発熱量は、灰分が多いほど小さい。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。