2級ボイラー技士試験 平成20年後期問題26 燃料及び燃焼に関する知識

大気汚染物質の性状に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.ボイラーの煙突から排出される硫黄酸化物(SOx)は、SO2が主で、SO3は数%である。

2.燃料を燃焼室で燃焼した場合の窒素酸化物(NOx)は、主としてNOが発生し、煙突から排出されて大気中に拡散する間に、NO2になるものがある。

3.サーマルNOxは、燃焼に使用された空気中の窒素が高温条件下で酸素と反応して生成する。

4.フューエルNOxは、燃料中の窒素化合物から酸化して生ずる。

5.ダストは、燃料の燃焼により分解した炭素が遊離炭素として残存したものである。

答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。