2級ボイラー技士試験 平成20年後期問題33 関係法令

ボイラー取扱作業主任者が行わなければならない職務として法令に規定されていない事項は、次のうちどれか。


1.圧力、水位及び燃焼状態を監視する。

2.水処理装置の機能の保持に努める。

3.急激な負荷の変動を与えないように努める。

4.ボイラーについて異状を認めたときは、直ちに必要な措置を講ずる。

5.低水位燃焼しゃ断装置、火炎検出装置その他の自動制御装置を点検し、及び調整する。

答えは2です


posted by 北京 at 23:12 | 平成20年後期 関係法令 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。