2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題1 ボイラーの構造に関する知識

熱及び蒸気に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.標準大気圧のときの水の飽和温度は100℃で、圧力が高くなるにしたがって飽和温度は高くなる。

2.水、蒸気などの単位質量当たりの全熱量を比エンタルピという。

3.過熱蒸気の過熱度とは、過熱蒸気温度と同じ圧力の飽和蒸気温度との差のことである。

4.標準大気圧のもとにおける水の蒸発熱は、水の質量1kgについて約2257kJである。

5.水の蒸発熱は潜熱ともいい、圧力が高くなるほど大きくなる。

答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。