2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題5 ボイラーの構造に関する知識

ボイラーの附属品及び附属装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.ケット式蒸気トラップは、蒸気とドレンの密度差を利用してドレンを自動的に排出するのに用いられる。

2.沸水防止管は、低圧ボイラーのボイラー胴又はドラム内の蒸気出口の直下に設けられ、蒸気と水滴を分離するために用いられる。

3.逃がし弁は、発生蒸気の圧力と使用箇所での蒸気圧力の差が大きいときの調整弁として用いられる。

4.凝縮水給水ポンプは、重力還水式の蒸気暖房ボイラーに用いられる。

5.吹出し弁は、スラッジなどによる故障を避けるため、仕切弁又はY形弁が用いられる。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。