2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題7 ボイラーの構造に関する知識

暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーにおいて、返り管をハートフォード式連結法により取り付ける目的は、次のうちどれか。


1.低水位事故を防止する。

2.蒸気圧力の異常な昇圧を防止する。

3.燃焼効率を向上させる。

4.湿り飽和蒸気を乾き蒸気にする。

5.不純物のボイラーへの混入を防止する。

答えは1です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。