2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題10 ボイラーの構造に関する知識

ボイラーに設置するエコノマイザに関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.エコノマイザは、煙道ガスの余熱を回収して給水の予熱に利用する装置である。

2.エコノマイザの種類には、鋳鉄管形及び鋼管形があり、さらにひれ付き管形と平滑管形に分類される。

3.エコノマイザを設置すると、ボイラー効率を向上させ燃料の節約となる。

4.エコノマイザを設置すると、通風抵抗が減少し、動力の節約となる。

5.エコノマイザは、重油に含まれる硫黄分によっては排ガス温度、給水温度との関連で低温腐食を起こすことがある。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。