2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題15 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラー水位がボイラーの水面計以下にあると気付いたときの措置として、誤っているものは次のうちどれか。


1.燃料の供給を止めて燃焼を停止する。

2.換気を行い、炉の冷却を図る。

3.主蒸気弁を全開にして圧力を下げる。

4.鋼製ボイラーは、残存水面上にある加熱管が急冷されるので、給水を行わない。

5.鋳鉄製ボイラーは、いかなる場合でも給水を行わない。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。