2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題16 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーのたき始めにボイラーの燃焼量を急激に増してはならない理由として、適切なものは次のうちどれか。


1.ウォータハンマを防ぐため

2.安全スイッチの不作動を防ぐため

3.ボイラー本体の不同膨張を防ぐため

4.キャリオーバを防ぐため

5.スートファイヤを防ぐため

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。