2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題19 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーの内面腐食について、誤っているものは次のうちどれか。


1.給水中に含まれる溶存気体のO2やCO2は、腐食の原因となる。

2.腐食は、鉄がイオン化することによって生じる。

3.腐食は、その形態によって、全面腐食と局部腐食がある。

4.局部腐食には、ピッチング、グルービングなどがある。

5.高温腐食は、鉄が濃度の高い水酸化ナトリウムと反応して生じる。

答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。