2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題25 燃料及び燃焼に関する知識

気体燃料の燃焼方式に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.拡散燃焼方式は、高温に予熱した燃焼用空気を使用できるが、逆火の危険性がある。

2.拡散燃焼方式は、火炎の広がり、長さ、温度分布などの火炎特性の調節が容易である。

3.拡散燃焼方式を利用した基本的バーナとして、センタータイプバーナがある。

4.予混合燃焼方式は、燃料ガスに空気を予め混合して燃焼させる方式であり、安定な火炎をつくりやすい。

5.予混合燃焼方式は、大容量バーナには利用されにくいが、ボイラー用としてはパイロットバーナに利用されることがある。

答えは1です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。