2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題37 関係法令

そうじ、修繕等のためボイラー(燃焼室を含む。)又は煙道の内部に入るときの措置として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。


1.ボイラー又は煙道の内部の換気を行うこと。

2.移動電燈は、ガードを有するものを使用すること。

3.使用中の他のボイラーとの管連絡を確実にしゃ断すること。

4.ボイラー又は煙道の内部で使用する移動電線は、ビニルコードと同等以上の絶縁効力及び強度を有するものを使用すること。

5.ボイラー又は煙道を冷却すること。

答えは4です


posted by 北京 at 21:45 | 平成22年前期 関係法令 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。