2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題38 関係法令

ボイラー(移動式ボイラー及び屋外式ボイラーを除く。)を設置するボイラー室について、法令上、正しいものは次のうちどれか。


1.ボイラーとの間に障壁を設けずに重油の燃料タンクを設置する場合は、ボイラーの外側から1.2m以上離しておかなければならない。

2.ボイラーに附設された金属製の煙突又は煙道の外側から0.1m以内にある可燃性の物については、原則として鉄板で被覆しなければならない。

3.伝熱面積が3m2のボイラーは、ボイラー室に設置しなければならない。

4.ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則として1m以上としなければならない。

5.ボイラー室には、必要がある場合のほか、引火しやすい物を持ち込ませてはならない。

答えは5です


posted by 北京 at 21:47 | 平成22年前期 関係法令 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。