2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題3 ボイラーの構造に関する知識

水管ボイラーの特徴として、誤っているものは次のうちどれか。


1.構造上、低圧小容量用から高圧大容量用にも適する。

2.伝熱面積を大きくとれるので、一般に熱効率を高くできる。

3.伝熱面積当たりの保有水量が少ないので、起動から所要蒸気を発生するまでの時間が短い。

4.同容量の丸ボイラーに比較して、負荷変動による圧力及び水位の変動が少ない。

5.給水及びボイラー水の処理に注意を要し、特に高圧ボイラーでは、厳密な水管理を行わなければならない。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。