2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題6 ボイラーの構造に関する知識

ばね安全弁に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.ばね安全弁は、蒸気圧力が設定圧力に達すると自動的に弁が開いて蒸気を吹き出し、蒸気圧力が下がると弁が閉じる。

2.吹出し圧力は、ばねの調整ボルトにより、ばねが弁座を押し付ける力を変えることによって調整する。

3.吹下がりとは、安全弁の吹出し圧力又は吹始め圧力と吹止まり圧力との差である。

4.ばね安全弁は、リフト形式によって揚程式と全量式に区分される。

5.全量式安全弁の吹出し面積は、弁座流路面積で決められる。

答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。