2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題8 ボイラーの構造に関する知識

蒸気トラップの作動原理及び特性について、誤っているものは次のうちどれか。


1.バケット式は、蒸気とドレンの密度差を利用して作動する。

2.バケット式は、ドレンが直接トラップ弁を駆動させないため応答が遅く、作動周期が長い。

3.バイメタル式は、蒸気とドレンの温度差を利用して作動する。

4.ディスク式は、蒸気とドレンの熱力学的性質の差を利用して作動する。

5.ディスク式は、小型軽量で、ウォータハンマに強い。

答えは2です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。