2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題9 ボイラーの構造に関する知識

ボイラーの附属設備及び装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.連続吹出し装置は、ボイラー水の濃度を一定に保つように調節弁によって吹出し量を加減し、少量ずつ連続的に吹き出す装置である。

2.空気予熱器は、熱源として蒸気又は煙道ガスの余熱を利用して燃焼用空気を予熱する装置である。

3.凝縮水給水ポンプは、強制循環方式の温水暖房ボイラーに用いられる。

4.エコノマイザは、排ガス熱を回収してボイラー効率を高める。

5.減圧装置は、発生蒸気の圧力と使用箇所での蒸気圧力の差が大きいとき、又は使用箇所での蒸気圧力を一定に保つときに用いられる。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。