2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題12 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーの燃焼の維持、調節に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.ボイラーの圧力を常に一定に保つように負荷の変動に応じて、燃焼量を増減する。

2.燃焼量を増すときは燃焼用空気量を先に増し、燃焼量を減ずるときは燃料の供給量を先に減少させる。

3.燃焼用空気量の過不足は、燃焼ガス中のNO2、NO又はN2の計測値により判断する。

4.炎が短く、輝白色で炉内が明るい場合は、燃焼用空気量を少なくする。

5.加圧燃焼においては、断熱材やケーシングの損傷、燃焼ガスの漏出の防止に特に留意する。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。