2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題13 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーの圧力上昇時の取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。


1.ボイラーのたき始めは、燃焼量を急速に増してはならない。

2.低圧ボイラーを冷たい水からたき始める場合には、一般に最低1〜2時間をかけ、徐々にたき上げる。

3.蒸気が発生し始め、白色の蒸気の放出を確認してから、空気抜き弁を閉じる。

4.ボイラーをたき始めると、ボイラー本体の膨張により水位が降下するので直ちに給水を行う。

5.整備した直後の使用始めのボイラーでは、マンホール、掃除穴などのふた取付け部は漏れの有無にかかわらず昇圧中及び昇圧後に増し締めをする。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。