2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題18 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラー休止中の保存に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.ボイラーの燃焼側及び煙道は、すすや灰を完全に除去して防錆油又は防錆剤などを塗布する。

2.乾燥保存法は、休止期間が3か月程度以内の短期の場合又は凍結のおそれがある場合に採用される。

3.乾燥保存法は、シリカゲル、活性アルミナなどの吸湿剤を容器に入れて、ボイラー内の数箇所に配置し、密閉する。

4.満水保存法は、月に1〜2回、pH、鉄分及び薬剤濃度を測定し、保存水(ボイラー水)の管理を行う。

5.満水保存法の保存水の鉄分が増加傾向にあるときは、一度全ブローして、新たに所定濃度の薬剤を注入した給水で満水にする。

答えは2です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。