2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題21 燃料及び燃焼に関する知識

気体燃料の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。


1.気体燃料は、メタンなどの炭化水素を主成分とし、液体燃料に比べると成分中の炭素に対する水素の比率が低い。

2.気体燃料を燃焼させた場合のCO2の発生割合は、発生する熱量が同じであれば、液体燃料の約75%である。

3.気体燃料の成分には硫黄、窒素及び灰分が少なく、伝熱面、火炉壁を汚染することがほとんどない。

4.気体燃料の配管口径は、液体燃料に比べると太くなるため、配管費、制御機器費などが高くなる。

5.気体燃料のうち液化石油ガス(LPG)は、密度が大きいため、漏えいすると窪み部等の底部に滞留しやすい。

答えは1です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。