2級ボイラー技士試験 平成20年前期問題27 燃料及び燃焼に関する知識

燃料の発熱量に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生する熱量をいう。

2.発熱量の単位は、液体又は固体燃料では[MJ/kg]、気体燃料では[MJ/m3N]をもって表す。

3.低発熱量は、水蒸気の潜熱を含まない発熱量で、真発熱量ともいう。

4.同一燃料の高発熱量と低発熱量との差は、燃料に含まれる炭素量によって決まる。

5.ボイラー効率の算定にあたっては、一般に低発熱量が用いられる。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。