2級ボイラー技士試験 平成19年後期問題35 関係法令

休止報告をしているボイラーを再び使用しようとするとき、所轄労働基準監督署長に対して行わなければならない手続きとして、法令上、正しいものは次のうちどれか。


1.使用を始める旨の報告

2.変更検査の申請

3.使用再開検査の申請

4.使用検査の申請

5.性能検査の申請

答えは3です


posted by 北京 at 21:40 | 平成19年後期 関係法令 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。