2級ボイラー技士試験 平成19年前期問題5 ボイラーの構造に関する知識

鋳鉄製ボイラーに関し、次のうち正しいものはどれか。


1.蒸気ボイラーのときの使用圧力は0.5MPaまでと制限されている。

2.セクションの数は最大20程度で、それぞれ水面の位置でニップルにより結合されている。

3.復水を循環使用するのは、ボイラー水の温度上昇を防止するためである。

4.鋼製ボイラーに比べ、熱による不同膨張に弱い。

5.鋼製ボイラーに比べ、腐食に弱い。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。