2級ボイラー技士試験 平成19年前期問題6 ボイラーの構造に関する知識

ブルドン管式の圧力計に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.圧力計は、原則として胴又は蒸気ドラムの一番高い位置に取り付ける。

2.ボイラーとの取り付けには、通常、水を入れたサイホン管などを用い、蒸気が直接圧力計に入らないようにする。

3.圧力計を取り付ける場合は、垂直に取り付け、圧力計の下にコックを取り付ける。

4.圧力計のコックは、ハンドルを管軸と同一方向になった場合に開くようにしておく。

5.ブルドン管は、真円形の管を円弧状に曲げ、その一端を固定し他端を閉じ、その先に扇形歯車をかみ合わせている。

答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。