2級ボイラー技士試験 平成19年前期問題13 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーの圧力上昇時の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.たき始めは、急速に燃焼量を増してはならない。

2.冷たい水からたき始める場合は、一般に低圧ボイラーでは最低1〜2時間をかけ所定の蒸気圧力まで上昇させる。

3.蒸気が発生し始め、白色の蒸気の放出を確認してから空気抜き弁を閉じる。

4.たき始めると、ボイラーの膨張によりボイラー水位が降下するので給水を行う。

5.圧力計の指針の動きが円滑でなく機能に疑いがあるときは、圧力計の下部コックを閉めて予備の圧力計と取り替える。

答えは4です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。