2級ボイラー技士試験 平成19年前期問題18 ボイラーの取扱いに関する知識

安全弁の調整及び試験に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.安全弁は、最高使用圧力以下で作動するよう調整し試験を行う。

2.吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げて調整ボルトを締めて吹出し圧力を上昇させる。

3.過熱器用の安全弁は、ボイラー本体の安全弁より後に吹き出すよう調整する。

4.エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。

5.安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75%以上の圧力で行う。

答えは3です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。