2級ボイラー技士試験 平成19年前期問題21 燃料及び燃焼に関する知識

油だき燃焼室が具備すべき要件として、誤っているものは次のうちどれか。


1.燃料と燃焼用空気との混合が有効に、かつ、急速に行われる構造であること。

2.燃焼室の大きさは、燃焼ガスの炉内滞留時間を燃焼完結時間より短くすることができること。

3.着火を容易にするため、必要に応じてバーナタイルを設けること。

4.炉壁は、放射熱損失の少ない構造であること。

5.燃焼室に使用する耐火材は、焼損、スラグの溶着などを起こしにくいものであること。

答えは2です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。