2級ボイラー技士試験 平成19年前期問題27 燃料及び燃焼に関する知識

気体燃料の燃焼の特徴に関し、次のうち誤っているものはどれか。


1.燃焼させるうえで、液体燃料のような微粒化や蒸発のプロセスが不要である。

2.空気との混合状態を比較的自由に設定でき、火炎の広がり、火炎の長さなどの調節が容易である。

3.安定な燃焼が得られ、点火、消火が容易で自動化しやすい。

4.重油のような燃料の加熱や霧化媒体が不要である。

5.ガス火炎は、油火炎に比べて放射率が高く、ボイラーにおいては放射伝熱量が増し、対流伝熱量が減少する。

答えは5です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。