2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題20 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーの補給水処理に関する単純軟化装置について、正しいものは次のうちどれか。


1.中和剤により、給水中の高いアルカリ分を除去する装置である。

2.逆浸透膜により、純水を作るための装置である。

3.真空脱気により、給水中の酸素を取り除く装置である。

4.強酸性陽イオン交換樹脂により、給水中のカルシウム及びマグネシウムを樹脂のナトリウムと置換させる装置である。

5.高分子気体透過膜により、給水中の塩素イオンを取り除く装置である。

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題19 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーの内面腐食について、誤っているものは次のうちどれか。


1.給水中に含まれる溶存気体のO2やCO2は、腐食の原因となる。

2.腐食は、鉄がイオン化することによって生じる。

3.腐食は、その形態によって、全面腐食と局部腐食がある。

4.局部腐食には、ピッチング、グルービングなどがある。

5.高温腐食は、鉄が濃度の高い水酸化ナトリウムと反応して生じる。

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題18 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラー系統内処理に用いる清缶剤について、誤っているものは次のうちどれか。


1.ボイラー水中の硬度成分を不溶性の化合物(スラッジ)に変えるための薬剤を軟化剤という。

2.軟化剤には、炭酸ナトリウム、りん酸ナトリウムなどがある。

3.酸消費量の上昇を抑制する調節剤には、水酸化カリウム、炭酸ナトリウムなどがある。

4.ボイラー水中の酸素をボイラー系統内処理により除去するために用いられる薬剤を脱酸素剤という。

5.脱酸素剤には、タンニン、亜硫酸ナトリウム、ヒドラジンなどがある。

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題17 ボイラーの取扱いに関する知識

重油だきボイラーの手動操作による点火を行う場合、最初に開かなければならないものは次のうちどれか。


1.煙道ダンパ

2.吹出し弁

3.噴霧用蒸気弁

4.燃料弁

5.爆発戸

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題16 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーのたき始めにボイラーの燃焼量を急激に増してはならない理由として、適切なものは次のうちどれか。


1.ウォータハンマを防ぐため

2.安全スイッチの不作動を防ぐため

3.ボイラー本体の不同膨張を防ぐため

4.キャリオーバを防ぐため

5.スートファイヤを防ぐため

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題15 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラー水位がボイラーの水面計以下にあると気付いたときの措置として、誤っているものは次のうちどれか。


1.燃料の供給を止めて燃焼を停止する。

2.換気を行い、炉の冷却を図る。

3.主蒸気弁を全開にして圧力を下げる。

4.鋼製ボイラーは、残存水面上にある加熱管が急冷されるので、給水を行わない。

5.鋳鉄製ボイラーは、いかなる場合でも給水を行わない。

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題14 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラーのスートブローについて、誤っているものは次のうちどれか。


1.スートブローは、燃焼量の低い状態で行うこと。

2.スートブローの回数は、燃料の種類、負荷の程度、蒸気温度などの条件により変えること。

3.スートブローは、最大負荷よりやや低いところで行うこと。

4.スートブローの前には、スートブロワからドレンを十分に抜くこと。

5.スートブローは、一箇所に長く吹きつけないこと。

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題13 ボイラーの取扱いに関する知識

重油だきボイラーの点火時に発生するバックファイヤの原因として、誤っているものは次のうちどれか。


1.点火の際に着火遅れが生じたとき

2.点火用バーナの燃料の圧力が低下したとき

3.複数のバーナを有するボイラーで、燃焼中のバーナの火炎を利用して、次のバーナに点火したとき

4.燃料より先に空気を供給したとき

5.炉内の通風力が不足しているとき

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題12 ボイラーの取扱いに関する知識

安全弁の調整・試験について、誤っているものは次のうちどれか。


1.ボイラーの圧力をゆっくり上昇させ、安全弁の吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。

2.安全弁が設定圧力になっても作動しない場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げ、調整ボルトを緩めて再度試験する。

3.最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合は、各ボイラーの安全弁を最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。

4.過熱器用安全弁の設定圧力は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。

5.安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75%以上の圧力で行う。

続きを読む

2級ボイラー技士試験 平成22年前期問題11 ボイラーの取扱いに関する知識

ボイラー水の吹出しについて、誤っているものは次のうちどれか。


1.吹出し装置は、スケール、スラッジにより詰まることがあるので、適宜吹出しを行う。

2.吹出しは、ボイラーを運転する前、運転を停止したとき又は燃焼が軽く負荷が低いときに行う。

3.締切り装置が直列に2個設けられているときの吹出しは、第1吹出し弁(急開弁)を先に開き、第2吹出し弁(漸開弁)を後から開く。

4.水冷壁の吹出しは、スラッジなどの沈殿を考慮し運転中に適宜行う。

5.吹出し量は、一般に給水とボイラー水中の塩化物イオンの濃度又は電気伝導率を測定し決定する。

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。